我が家のパワーバランスが崩壊?

最近のコロナ禍でトットの私の収入が激減して久しいです。
幸い我が家は共働き家庭なので、何とか生活はできています。
開店休業状態の私は主夫に近い存在と化しております。
風呂掃除
買い物
送り迎え
以前からもしてはいましたが、その頻度は激増しております。

頃魔前であれば
「ありがとう」
の一言が嫁からあったものですが、今やそれは当たり前のこととなりました。

「お風呂 綺麗にしといたよぉ!」
「・・・・」
「クリーニング出したやつ、とてきやよぉ!」
「・・・・・」
こんな状況で、どんどん嫁の立場が強くなってきております。

もちろん、今はおんぶにだっこの我が家の経済的的負担は嫁にかかっております。
その負い目から私も極力低姿勢を貫いておりますが時々は「カッチーーーーン!」というとくることが少なくありません。

なにも亭主関白にこだわる考えなど毛頭ないのですが、あまりにも嫁の横暴ぶりには頭に来ます。
もしもコロナ明けで私の仕事が順調に復活したならば・・・
その時には
その時には
きっとこの借りはきっちりと返させていただきます。

でも、いまだにこのコロナ禍は収まりそうにありません。
長期戦覚悟でいかなければいけないのですが、さてさてこの状況はいつまで続くのか?
まったく予想がつきません。
私のまわりの同業者たちもかなり厳しい状況みたいです。

「最近 どだいでっか?」
仕事お案件の話ではなく、互いの状況の確認の連絡ばかりです。
私の仕事はマイホーム関連の仕事なので、どうしても景気に大きく左右されてしまいます。
忙しい時にはクソ忙しくなるのですが、暇な時には滅茶苦茶暇になります。
そのリーマンショックの時にも同業者がたくさん廃業に追い込まれましたが、あの時はあの時になりに対策もあったのですが今回のコロナではなにも対策が思いつきません。
同業者の誰かが儲かっていればそれをすぐお手本にして、すぐに真似をすればよかったのですが、今は儲かっている元気な同業者が見当たりません。
はやくコロナが収束していることを心から祈るばかりです。
クリアネオ すそわきが

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です